小説って一冊あたりいくら印税入ってくんの?

1: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:45:15.93 ID:qLl/NwqL0.net
作家になりたい


2: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:46:21.32 ID:NLSDjFPW0.net
本の価格の10%くらい

4: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:47:19.05 ID:qLl/NwqL0.net
>>2
文庫もいっしょ?

3: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:46:52.57 ID:JNkTE92S0.net
3分の1以下

5: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:48:53.43 ID:GZhfDYDz0.net
>>1
専業はやめとけ

8: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:49:53.97 ID:qLl/NwqL0.net
>>5
100人くらいしかいないんだっけ?
専業で生活できるレベルの作家って

6: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:49:47.18 ID:FfXKJtz30.net
理想:新人賞で大賞とった!本は売れて印税生活!
現実:電子書籍で出版した!印税1000円をゲットした!

7: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:49:50.52 ID:pxKBJDuq0.net
漫画も小説も価格の10%×販売数

9: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:50:01.53 ID:jT2xNTmr0.net
いくらかと言うことは言い切れません。
それは、出版社との交渉があるためです。
売れっ子であれば10%以上も交渉可能ですが、基本的な相場は売価の7~9%程度だそうです。
また、ライトノベルで生計を立てていくにはアニメ化されヒットすれば並みのサラリーマン程度の収入となりますが、そうでなければ作家業を生業にすることは非常に困難であると言えます。
従って副業として携わることが最もリスクが低いと考えられます。

11: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:50:59.82 ID:qLl/NwqL0.net
ミリオンセラーになればだいたい1億円くらい入ってくるわけか
ふむ

12: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:52:19.80 ID:4lRdRi3c0.net
固定金額での契約もあるんだっけ
売れようが売れまいかこの金額っていう

13: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:53:26.98 ID:qLl/NwqL0.net
芥川賞受賞でもすれば5000万くらいは固そう

14: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:53:46.25 ID:GZhfDYDz0.net
売上というか刷った部数で決まる。初版の発行部数×印税はもれなく入る

16: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:55:15.69 ID:EwqlzxQ/i.net
電子書籍自費出版した場合、手数料だので何割くらい売り上げから引かれるの?

17: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:55:39.89 ID:8YQ+35N+0.net
芥川は取っても金にならない賞だよ
純文の中だと一番金にはなるけど、そもそも純文学じゃ稼げない

今だと一番金になるのがラノベだから、金目的やドロップアウトで純文から流れてくる作家も多い

19: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:56:44.56 ID:qLl/NwqL0.net
>>17
でも知名度上がるから買う人多くなって
いっぱい売れるんじゃないの?

23: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:59:35.73 ID:8YQ+35N+0.net
>>19
新人賞の中だと破格のネームバリューだけど、それでも純文学じゃ売れないのが現状なんだよね
一番金になる文学賞だと乱歩賞とか。あれは賞金1000万+映像化でかなりの額になる。
インスタントな金儲けならさっきも言ったけどラノベ。

24: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:01:44.81 ID:qLl/NwqL0.net
>>23
そうか…ありがとう
何とか頑張ってみる

27: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:12:46.99 ID:6C9wg4360.net
>>17
知らなかった。勉強になるわ。
ちなみに純文学からラノベ市場に転向した作家って誰がいるの?

ググっても出てなかったんだけど

18: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:56:01.87 ID:4rOVwKdt0.net
ライトノベルは一冊50円って聞いてる

20: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:56:48.98 ID:GZhfDYDz0.net
芥川とっても普通印税は大して入らない。講演に呼ばれるようになるからそこで稼ぐ

22: 働く名無し 2014/07/17(木) 10:59:15.06 ID:qLl/NwqL0.net
年収300万でいい…
作家になりたい

29: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:13:57.38 ID:nXpMagJN0.net
>>22
それ以下の作家なんてゴロゴロいると思われる

32: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:26:49.25 ID:4rOVwKdt0.net
>>22
年収300万って年に4冊本出すペースやで?

35: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:45:05.68 ID:8YQ+35N+0.net
>>32
実際の収入は印税だけじゃなくて原稿料その他もろもろがあるので年四冊も出させて貰える作家ならもうチョイもらえる
もちろん300万以下の作家が山ほどいるのは否定しないけど。

25: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:03:09.76 ID:Hy2konFh0.net
ラノベの出版経験あればソーシャルゲーのシナリオ持ち込めるんじゃねーの?

26: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:10:59.33 ID:sqDcMjE/0.net
いわゆるライトノベルの作家よりも中間小説や大衆小説作家の方が稼いでそうだけど
東野圭吾とか宮部みゆきより西尾維新とか鎌池和馬が稼いでるとは思えない

じゃあラノベと大衆小説の線引きをどうするのって言われてもわからないんだけど

31: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:15:17.15 ID:8YQ+35N+0.net
>>26
大衆トップクラス>>>>>ラノベトップ>>ラノベ>>大衆>>純文学
って感じで売上に差がある。

34: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:37:09.60 ID:vlMBjNJE0.net
ラノベも今は1万売れれば優秀な方だからなあ
アニメ化ブーストでもかからないときつい

28: 働く名無し 2014/07/17(木) 11:13:02.56 ID:PHU+DOnB0.net
金儲けが目的で作家目指すとか馬鹿かと思う

引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1405561515/